奨学金制度

Scholarship

■ 学校独自の奨学金制度

本校独自の奨学金制度です。この制度は入学試験の際「奨学生入試」を受験し、基準をクリアした学生に支給します。2年生以降も基準をクリアしている学生に対しては奨学金を支給します。

奨学生に支給される奨学金

奨学生A 理学療法士科・作業療法士科 60万円/年間
介護福祉士科 45万円/年間
奨学生B 全学科 20万円/年間
奨学生C 全学科 10万円/年間

◀ 左右にスクロールできます ▶

※奨学生の受給資格は毎年度末(介護福祉士は毎学期)の学業成績で審査されます。継続のためには学業成績がクラスで上位20%であることが必要です。
※詳しくは入試事務局にお問い合わせください。

■ 学費免除の入学試験制度

学費を減免したい社会人や有資格者を対象とした入学試験制度です。

入試制度 免除額
理学療法士をめざす社会人を対象とする社会人学費割引入学試験 60万円
作業療法士をめざす社会人を対象とする社会人学費割引入学試験 60万円
介護福祉士をめざす高校生・高校既卒者を対象とする学費減免特別入学試験 30万円

■ 自治体の奨学金

各地方自治体によって異なります。奨学金の詳細については、お手数ですがそれぞれの自治体の担当課(福祉保健部など)へお問い合わせください。なお、本校へ案内をいただいた奨学金は学内掲示板でご案内いたします。いずれの奨学金も手続きは入学後になります。

◆理学療法士・作業療法士/鳥取県(リハビリ職種養成校の学生対象の奨学金)

貸与月額 36,000円(無利子)4年間で最大1,728,000円
採用枠 60名(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の合計)
返還免除 貸与期間の1.5倍(4年間貸与を受けた場合は6年間)県内の施設(公私立および施設の
種別を問わない)で療法士として従事したとき返還義務が免除されます。

◀ 左右にスクロールできます ▶

◆介護福祉士/鳥取県(介護福祉士修学資金/鳥取県社会福祉協議会が事務取扱)

貸与月額 貸与額 月額50,000円(無利子)×2年間:120万円
入学準備金:200,000円(初回貸付時)
就職準備金:200,000円(最終回貸付時)
国家試験受験対策費:40,000円
《合計》1,640,000円(2年間)
返還免除 本校卒業後、5年間(過疎地又は、中高年離職者は3年間)鳥取県内で、
介護福祉士として業務に従事すれば、返還を免除されます。

◆介護福祉士/島根県(介護福祉士修学資金/島根県社会福祉協議会が事務取扱)

貸与月額 貸与額 月額50,000円(無利子)×2年間:120万円
国家試験準備試験対策費用:40,000円
《合計》1,240,000円(2年間)
返還免除 本校卒業後、5年間(過疎地又は、中高年離職者は3年間)島根県内で
介護福祉士の業務に従事すれば、返還を免除されます。

詳細は各自治体・団体にお問い合わせください。

■ 独立行政法人日本学生支援機構(旧:日本育英会)

各地方自治体によって異なります。奨学金の詳細については、お手数ですがそれぞれの自治体の担当課(福祉保健部など)へお問い合わせください。なお、本校へ案内をいただいた奨学金は学内掲示板でご案内いたします。いずれの奨学金も手続きは入学後になります。

種類 概要
第一種奨学金
(無利子・有返還)
自宅通学:最高月額53,000円
自宅外通学:最高月額60,000円
第二種奨学金
(有利子・有返還)
月額、2万円、3万円、4万円、5万円、6万円、7万円、8万円、9万円、10万円、11万円、12万円から返済のことを考慮して選択。利率は、日本学生支援機構のホームページに記載。上限3%
緊急採用・応急採用奨学金 家計が急変した場合など、第一種・第二種に別枠で採用

日本学生支援機構の奨学金には、各高等学校で進学後の奨学金の貸与を予約する『予約採用』もあります。
詳しくは各高等学校のご担当の先生にご確認ください。(例年、3年生の4~5月ごろ案内があるようです。)

■ 生命保険協会介護福祉士養成奨学金

貸与月額 20,000円(無利子)1年間で最大240,000円
採用枠 20,000円(無利子)1年間で最大240,000円
返還免除 この奨学金は、無条件で返還を免除されます。

その他の奨学金

本校へ案内をいただいた奨学金は全て学内掲示板でご案内いたします。

・財団法人などの実施する育英奨学金については、お手数ですが各自でお調べください。

入学案内