校長挨拶・学校理念

President's message & Policy

President's Message

人間性豊かな
プロフェッショナルを目指して

校長河合 康明Yasuaki Kawai

校長河合 康明Yasuaki Kawai

人間性豊かな
プロフェッショナルを目指して

本校の特徴は、キリスト教精神に基づく人間性豊かな人材の育成とともに、実績ある充実した講師陣の指導により極めてレベルの高い専門性を身につけたプロフェッショナルの養成を目指している点であります。キリスト教の「愛と奉仕」の精神は、医療・福祉を実践する者にとって最も大切な素養であり、確かな人間関係を結ぶのに欠かすことができません。そして、専門人としてレベルの高い知識・技術・態度を身につけることは、利用者さんの利益に直結する素因であり、医療・福祉に携わる者として「自信と誇りを持って実践」する上で必要不可欠です。
本校では、経験豊かで情熱に満ちた独自の講師陣に加えて、鳥取大学医学部・島根大学から多数の講師派遣をいただき、充実したカリキュラムを実現しています。そうした取り組みが認められ、2017年には3科全てが文部科学省職業実践専門課程の認定を受けることができました。
皆様の夢を叶える第一歩として、本校に入学され、私たちとともに学ぶ機会を経験してみませんか。輝く将来の扉を開く鍵が、きっと見つかることでしょう。

理念

本校は、人間愛と社会奉仕の精神を尊重し、“人と人のつながり”を大切にすることを心がけ、医療・福祉分野で地域・社会に貢献できる専門的能力を備えた人材を養成する。

入学者受け入れ方針

本校では、以下の資質をもつ学生を求めている。

1.医療・福祉分野に積極的関心をもち、生涯継続して努力できる者
2.他者に共感し、思いやる気持ちをもつ者
3.他者を理解し、協調するためのコミュニケーションを図る努力ができる者
4.他者から信頼されるために、規律性や倫理観をもつ者
5.周囲に感謝し、他者に対して謙虚な姿勢をもつ者

卒業認定・称号授与の方針

本校では、所定の単位を修得し、以下に示す能力や特性を身につけた者に理学療法士科・作業療法士科では高度専門士、介護福祉士科では専門士の称号を授与する。

1.良好な対人関係を構築するための人間性とコミュニケーション能力
2.対象者を支援するために必要な専門分野の基本的な知識・技術・態度
3.対象者を支援するために多職種と連携し、チームの一員として働く力
4.職業倫理に基づき、専門職として積極的に自己研鑽する能力
5.専門職として、職場および地域社会に貢献する意欲と能力

教育課程編成の方針

本校では、卒業認定・称号授与の方針に掲げた目的を達成するため、各科の教育課程を編成している。

1)理学療法士科
1.自己および他者に対する理解を深め、医療職であると同時に、一社会人としてコミュニケーションや適切な行動を取れるようになるために総合基礎科目を配置している。
2.身体の構造・機能・心理的側面、各臨床医学、および、対象者を取り巻く保健・医療・福祉について、チームの一員として連携して行動できるようになるために専門基礎科目を配置している。
3.さまざまな対象者に向き合う態度、および、適切な理学療法を実施するために必要な知識・技術について、幅広く学べるよう専門科目を配置している。
4.実践に適した知識・技術・態度について、これまで学んだことを統合するための演習科目や豊富な学外見学実習・臨床実習を体系的に配置している。
5.卒後も積極的に自己研鑽し、継続的なキャリア発達をしながら、職場および地域社会に貢献するために、問題解決能力を養い、職業倫理や職場管理を含めて学べるような科目を配置している。

2)作業療法士科
1.人間を全人的に理解するために、総合基礎科目や専門基礎科目等の中に社会的・心理的・行動学的な視点から理解する科目を配置している。
2.作業療法を展開するために必要となる情報の収集・評価・報告および根拠に基づいた治療に関する基礎知識と技能・態度を修得する専門科目を配置している。
3.医療専門職に共通して求められる基本的な倫理・態度と、チームによる多職種協働を段階的に修得する科目を配置している。
4.対象者のニーズに応じた課題達成や問題解決のための方法について思考し判断できる力を養う演習ならびに臨床実習を配置している。
5.作業療法士として個人や社会のニーズを総合的に捉え、多様性のある介入を実践できる能力を養成するために地域における演習科目を配置している。

3)介護福祉士科
1.良好な対人関係を構築する能力を養うために、身体的・心理的・社会的側面から人間を理解する科目とコミュニケーションの基本科目を配置している。
2.心身の状況に応じた介護実践に適応できる能力を身につけるために、理論科目と演習科目を体系的に配置している。
3.チームの一員として多職種と協働する能力を養うための科目を配置している。
4.介護福祉士が保持すべき職業倫理を身につけるための科目を配置している。
5.地域の中で本人が望む生活を支える視点を養うために、実習及び学外学習を体系的に配置している。

入学案内