講師紹介

専任講師紹介

自己の経験を生かし、熱い心で指導するプロの教員集団

YMCA米子医療福祉専門学校には、たくさんの先生方がいます。
リハビリテーションや介護の最前線での経験を生かし、本校の学生が、将来、就職先で実力を発揮できるよう、毎日、熱心な授業を展開しています。

  • 理学療法士科
  • 作業療法士科
  • 介護福祉士科
  • .

  • 大床 桂介

    厚生労働省
    理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会修了

    本校は臨床実習時間がかなり豊富ですが、授業でもグループワークを中心に、できるだけ学生同士で体験したり考えたりする機会を設け、授業の中でも経験を積んでいけるよう工夫しています。理学療法士は、対象者と一対一で、長い時間をかけてじっくりと、一緒に考えたり治療に取り組んだりするので、人とかかわることが好きな人にはもってこいだと思います。

    ■資格
    理学療法士/修士(保健学)/介護支援専門員

    ■担当科目
    解剖学演習/日常生活活動学/日常生活活動学実習/地域理学療法学/地域理学療法学実習/理学療法セミナー 他 


  • 岩﨑 裕子

    厚生労働省 
    理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会修了
    社団法人日本理学療法士協会認定
    専門理学療法士修了

    学生が人としても成長し自律できるようサポートします。理学療法士の魅力は、対象者にマンツーマンで密にかかわりながら、リハビリテーションの概念の中で自ら考え、さまざまなアプローチを行えることです。目の前で困っている人に寄り添える温かな人間性を兼ね備え、専門職として何ができるかを一所懸命に考えられる理学療法士になってください。

    ■資格
    理学療法士/修士(経営学)/博士(経営学)/専門理学療法士(教育・管理理学療法)

    ■担当科目
    スタディスキルⅠ/スタディスキルⅡ/理学療法学概論Ⅰ/理学療法学概論Ⅱ/理学療法評価学総論/理学療法評価学演習/ケーススタディ/理学療法セミナー 他


  • 浜田 慶子

    私が理学療法士として仕事を続けている理由の一つは、対象者の方と一対一でじっくり向き合ってかかわることにやりがいを感じているからです。理学療法の主体は常に対象者です。対象者の表情や気持ち、触れた時の身体からのサインなど小さな変化を感じ取り、その人の生活に必要なことを考え、根拠をもって提供できる理学療法士になってください。

    ■資格
    理学療法士/看護師/呼吸療法認定士/介護支援専門員

    ■担当科目
    病態生理学/物理療法学/物理療法学実習/スポーツ生理学/内部機能評価学実習/呼吸・代謝疾患理学療法学/呼吸・代謝疾患理学療法学実習/健康増進/ケーススタディ/理学療法セミナー/運動学/運動学実習 他


  • 山崎 祐輔

    厚生労働省
    理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会修了
    社団法人日本理学療法士協会認定
    専門理学療法士修了

    患者さんの能力を引き出してあげるのが理学療法士の仕事。患者さんの思いをしっかり聞き、同調しながら共に歩んでいくことで互いに大きな達成感を共有できます。専門分野なので覚えることもたくさんありますが、興味を持って学べるような授業展開で、理学療法士の楽しさが伝えわるような指導を心がけています。「人が好き」この気持ちが大切です。

    ■資格
    理学療法士/博士(保健学)/専門理学療法士(運動器)/鳥取県スポーツ医・科学委員(理学療法士、トレーナー部門部長)

    ■担当科目
    運動機能評価学実習/義肢装具学/義肢装具学実習/スポーツ理学療法学/運動器疾患理学療法学Ⅰ/運動器疾患理学療法学実習Ⅰ/ケーススタディ/理学療法セミナー 他


  • 大森 隆生

    厚生労働省
    理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会修了

    これまでの経験で得たことを少しでも伝え、皆さんと共に学び合っていきたいと思います。本校周辺施設には多くの卒業生が働いているため、実習施設からの理解も得ており、4年制なので比較的余裕をもって学ぶことができます。患者さまやご家族さまの立場に立って思考し、行動でき、いつまでも探究心をもって学び続ける理学療法士になってください。

    ■資格
    理学療法士/福祉住環境コーディネーター2級/呼吸療法認定士

    ■担当科目
    臨床運動学/チームアプローチ論/中枢神経機能評価学実習/脳血管疾患理学療法学/脳血管疾患理学療法学実習/ケーススタディ/理学療法セミナー/福祉用具論/運動器疾患理学療法学Ⅱ/運動器疾患理学療法学実習Ⅱ 他


  • 遠藤 正之

    覚えることも多いですが、楽しく、興味を持って学べるよう心がけています。患者さんと同じ目標に向かって進み、喜びを共有できることが理学療法士の魅力です。責任も大きいですが、学べば学ぶほどやりがいを感じられると思います。患者さんのためにも、自分のためにも、学び続ける姿勢を忘れない理学療法士になってください。

    ■資格
    理学療法士

    ■担当科目
    運動療法学総論/運動療法学実習/ケーススタディー/理学療法セミナー/機能解剖学/神経・筋疾患理学療法学 他


  • 馬場 孝

    「できる」作業は人を幸せにします。人の生活は作業の積み重ねで、何か行動した時に「できた!」という喜びは人を幸せにします。作業療法の醍醐味は、対象者が「できる」作業を見つけることです。どうすればできるのかを考え、できたら共に喜び、できることを一つずつ増やしていき、それを治療に結びつけていく。その面白さをぜひ味わってください。

    ■資格
    作業療法士/介護支援専門員/MTDLP(生活行為向上マネジメント)実践者研修修了者

    ■担当科目
    リハビリテーション医学/作業療法概論Ⅰ・Ⅱ/介護保険と作業療法/認知症の作業療法/老年期障害作業療法演習/地域作業療法学/生活地域マネジメント論/地域作業療法学演習/認知症疾患 他


  • 安井 和子

    厚生労働省
    理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会 修了

    単に教える、教わるという関係ではなく、問題を提起し一緒に考える授業を心がけています。日ごろから好奇心を持ち、苦手なことにもチャレンジしながら、例えば、不便なことがどうすればスムーズにできるかなど、アイデアの引き出しを増やしてほしいと思います。対象者に必要なものを親身に考え、考えることを楽しめるような作業療法士を目指しましょう。

    ■資格
    作業療法士

    ■担当科目
    機能解剖学/運動学実習/作業療法評価学概論/ADL関連評価学/身体障害作業療法総論/脳血管障害の作業療法Ⅰ・Ⅱ 他


  • 高梨 悠一

    作業療法はいくつもの専門分野に分かれていて、運動機能だけでなくメンタル面も含めて人をトータルで見るという面白さがあります。本科の講師はみんな専門分野が異なるのでさまざまな話が聞けますよ。解剖学や生理学など医学知識や技術はもちろん必要ですが、人の痛みを理解することや人の生活を支えることの重みをしっかりと学んでほしいと思います。

    ■資格
    作業療法士/修士(保健学)/MTDLP(生活行為向上マネジメント)基礎研修修了者

    ■担当科目
    解剖学演習/運動学/運動学実習/リハビリテーション医学/作業療法学研究法/作業療法評価学演習Ⅰ/運動器疾患の作業療法/脊椎損傷の作業療法/クリニカルスキルⅠ 他


  • 田住 秀之

    厚生労働省
    理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会 修了

    オーダーメイドのように十人十色の生活に沿って手を添えていくのが作業療法の面白さです。今までしてきたことを、違う形であれいかに円滑に生活に取り戻すかを考えていきます。障害はあくまでもその人の一部。障害の有無ではなく、どうすればより健康的に暮らせるかという視点で考え、相手に寄り添いながら後押しできる作業療法士になってほしいと思います。

    ■資格
    作業療法士/AMPS・ESI評価者認定/MTDLP(生活行為向上マネジメント)基礎研修修了者

    ■担当科目
    スタディスキルⅠ/基礎作業学実習Ⅲ/精神障害の作業療法Ⅰ/精神障害の作業療法Ⅰ演習/精神障害の作業療法Ⅱ/臨床実習統合演習Ⅳ(セミナー) 他


  • 前田 さやか

    厚生労働省
    理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会 修了

    自分で考えたり、習ってきた知識と結びつけたり、興味が湧く授業を目指します。相手の人生を知り、一生懸命考え、望む未来に向かって共に歩んでいける作業療法士の仕事は、とてもやりがいがあります。相手とのかかわりを通して、人間としても大きく成長できます。YMCA米子医療福祉専門学校で、情熱的な先生たちと一緒に夢に向かって進んでいきましょう。

    ■資格
    作業療法士/介護支援専門員/福祉住環境コーディネーター2級/MTDLP(生活行為向上マネジメント)実践者研修修了者

    ■担当科目
    基礎作業学実習Ⅲ/作業療法学研究法/作業療法総合演習/作業療法評価学演習Ⅱ/内部障害の作業療法/変性疾患の作業療法/作業療法ゼミナール/地域社会学 他


  • 梅津 清司郎

    指導にあたって私が大切にしたいのは「主体性」「個別性」「多様性」の3つです。OTの特徴は、医学的な観点を基に対象者の作業に焦点を当て、生活がより良くなるよう共に考え、問題を解決すること。日々の積み重ねがその方の人生そのものになることを考えると、責任重大であると同時に、やりがいのある仕事だと感じています。

    ■資格
    作業療法士/AMPS認定評価者/福祉住環境コーディネーター2級/介護支援専門員/認定作業療法士/MTDLP(生活行為向上マネジメント)実践者研修修了者

    ■担当科目
    解剖学演習/運動学/運動学実習/基礎作業学/作業療法総合演習/作業療法評価学演習Ⅰ/運動器疾患の作業療法 他


  • 増田 孝之

    介護は感性が大事な仕事ですから、介護福祉士としての成長とともに一人ひとりの個性も伸ばしたいと考えています。実習では戸惑うことも多いと思いますが、人と接する喜びも感じるはずです。大切なのは自分の介護が相手にとってどうなのかを常に考えること。人とのつながりに面白さを見出しながら、卒業する頃には即戦力になれるように学んでいきましょう。

    ■資格
    介護福祉士

    ■担当科目
    生活支援技術(基本)Ⅰ・Ⅱ/コミュニケーション技術Ⅰ/介護総合演習Ⅰ・Ⅱ/介護管理/チームアプローチ演習 他


  • 藤原 紀子

    相手に誠実に向き合うためには、まず怖がらずに自分と向き合い、ありのままの自分に何ができるかを知ることが大切です。介護福祉士は利用者と心も体も時間も長く深くかかわる仕事。相手を知ったり自分を知ったり、たくさんの発見があります。その発見を相手のためにいかに生かすか、明確な答えはありませんが、それが難しさでもあり面白さでもあります。

    ■資格
    介護福祉士/社会福祉学修士/介護支援専門員/福祉レクリエーションワーカー

    ■担当科目
    介護概論Ⅰ・Ⅱ/介護過程Ⅰ・Ⅱ/人間の尊重と自立/地域福祉論 他


  • 岡 美奈子

    医療・福祉に関する動向を取り入れ、学生の反応を確認しながら授業を進めています。対象者はどのような介護・援助が受けたいのか、相手の気持ちを考え、体と心の観察ができ、根拠のある援助が行える専門職になってほしいと思います。介護福祉士は、加齢・障害によって生活に支障が生じた人々への援助を通して自らも成長できる、やりがいのある仕事です。

    ■資格
    看護師/介護支援専門員/診療情報管理士

    ■担当科目
    こころとからだのしくみⅠ・Ⅱ/生活支援技術(基本)Ⅱ/医療的ケアⅠ・Ⅱ・Ⅲ/介護福祉学セミナー 他


  • 戸野 康恵[語学・国際交流担当]

    英会話や医療福祉用語だけでなく、アメリカの医療福祉事情や文化なども学びます。海外研修ではさまざまな違いを身をもって体験し、その違いを受け入れ、相手の気持ちを察したりこちらの気持ちを伝えたりしながらコミュニケーションをもつことになります。その体験が医療福祉の現場でも生かされると思います。英語をきっかけに広がる世界を楽しんでください。

    ■担当科目
    英語

 印の講師は、「厚生労働省 理学療法士・作業療法士養成施設等教員講習会」の修了者です。

 印の講師は、公益社団法人日本理学療法士協会認定の「専門理学療法士」です。

 印の講師は、一般社団法人日本作業療法士協会認定の「認定作業療法士」です。

 印の講師は、「厚生労働省 介護教員講習会」の修了者です。

YMCAの出張講義

皆さんの高校に本校の専任教員が出向いて行います。

1≪理学療法士科≫ 
対象者に理学療法を行うための評価
時間:60分
理学療法は「評価に始まり、評価に終わる」と言われるくらい、対象者の方に理学療法を行うためには「評価」はとても重要なものです。しかし、その評価はみなさんが日常生活で何気なくやっていることでもあります。理学療法の第一歩である評価について、日常生活の例を用いて、一緒に学びましょう。 
2≪理学療法士科≫ 
身体の姿勢について学ぶ 
時間:60分
日常の生活や運動習慣などはヒトによって様々で、この習慣は姿勢にも影響してきます。そして、自分の姿勢の特徴を知ることは、動きの改善や怪我の予防へつなげやすくなります。ここでは姿勢について講義、体験を交えながら行います。動きやすい服装で参加してください。
3≪理学療法士科≫ 
テーピング法 
時間:60分
ケガの予防や応急処置としてのテーピングの基礎知識とテーピングの方法を指導します。ハサミ、テーピング代500円(1人)程度
4≪理学療法士科≫ 
スポーツ選手に対するトレーニング法
時間:60分
スポーツ現場で役立つ基礎的なトレーニング方法を紹介します。運動のできる服装で参加してください。
5≪理学療法士科≫ 
スポーツ選手に対するメディカルチェック法 
時間:60分
スポーツ現場で起こりそうなケガの予防や身体のコンディショニング方法を紹介します。運動のできる服装で参加してください。
6≪理学療法士科≫ 
うごきの司令塔「脳」について学ぶ 
時間:60~90分
理学療法を行う上で、筋肉、骨、関節を知ることはとても大切ですが、そこに脳の働きを加えて考えてみるとさらにヒトの動きは分かりやすくなります。ここでは、その「脳」の働きや仕組みについてわかり易く解説を行います。少し実技も含めて行います。
7≪理学療法士科≫ 
職業紹介 
理学療法士の仕事 
時間:50~60分
理学療法士の仕事を紹介いたします。どのような場で活動をし、どのような人を対象に、何をするのか?講義形式で行います。実技を入れることもできます。筆記用具と動きやすい服装(学生服でも可能です)必要なものはこちらから用意をして伺います。参加人数に制限はありません。
8≪理学療法士科≫ 
ひとりで巻ける、チームで巻けるテーピング
時間や回数:90分、3~4回
実際に使えるテーピングを一から指導します。実技形式です。10人まで。テープ費用は実費(1回500~1000円)です。短パンで参加してください。少し高めの横になれるテーブルがあるとやり易いです。
9≪理学療法士科≫ 
車いすの操作と介助について 
時間:90~120分
車いすの操作と介助についてお話しいたします。人数によっては実技を入れることもできます。実技を入れる場合は、参加人数と場所により内容が変わります。
10≪理学療法士科≫ 
身体のチェックと運動について 
時間:60分
体の癖をチェックさせていただき、それに基づいて必要な運動を指導いたします。基礎体力作りにご活用ください。実技形式です。動きやすい服装で参加してください。
11≪理学療法士科≫ 
移動補助具(杖、歩行器)の使用と介助の仕方 
時間:90~120分
移動補助具の使い方と介助についてお話しいたします。人数によっては実技を入れることもできます。実技を入れる場合は、参加人数と場所により内容が変わります。
12≪理学療法士科≫ 
健康を維持するための運動 
時間:60~90分
最近よく耳にするメタボにならないように、そして健康を維持するためには、どんな運動をどのくらいするとよいのか、どんなことに注意したらよいのか、体を動かしながら学習しましょう。運動できる服装と靴の準備をお願いします。
13≪作業療法士科≫ 
作業療法とは 
時間:45~90分
作業療法とは、国家資格に基づく医療行為です。作業療法の定義や目的、対象とする障害領域や用いる治療手段について説明します。
14≪作業療法士科≫ 
作業療法の魅力 
時間:45~90分
作業療法の“作業”とは何を指しているのか説明し、実際に作業を用いた治療を体験します。
15≪作業療法士科≫ 
キャリア選択としての「作業療法士」 
時間:45~90分
作業療法は、医療機関(病院等)だけではなく、様々な領域で提供されています。作業療法士の活躍する場、仕事内容、やりがいなどについて説明します。
16≪作業療法士科≫ 
青年海外協力隊として活躍する作業療法士 
時間:45~90分
海外で協力隊として働く作業療法士について説明します。また、本校の海外研修プログラムも説明します。
17≪作業療法士科≫ 
思春期のメンタルヘルス
時間:45~90分
中学生~高校生にみられやすいこころの不調について説明します。
18≪作業療法士科≫ 
認知症を理解する 
時間:45~90分
認知症という病気を理解し、認知症の方へのリハビリテーションの紹介と認知症の方への接し方について説明します。
19≪作業療法士科≫ 
子どもの障害を知ろう 
時間:45~90分
運動・知的・情緒に障害を持つ子どもについて、基礎的な知識やあそびを用いた支援方法について説明します。
20≪作業療法士科≫ 
身体の仕組み「腱反射」 
時間:45~90分
脊髄の働き、脊髄反射のうち腱反射が起こる仕組みと、腱反射が障害されるとどうなるか説明し、臨床で行う検査の一部を実際に行います。
21≪作業療法士科≫ 
手の機能について知ろう
時間:45~90分
ヒトの「手」は第2の脳とも言われます。手の機能は物体を操作したりすることだけでなく、優れた感覚器官でもあります。そのため手は日常生活を営む上で非常に重要な役割を担っています。そんな高度に発達した手はどんな構造になっているのか、手に関する筋肉や神経あるいは靭帯などを説明します。
22≪作業療法士科≫ 
手の装具を作ってみよう
時間:90分
人は病気やケガで手や指の機能が失われると生活に大きな支障を生じます。そんな時に作業療法士は援助の一つとして手の機能を補完または治療をするために「装具」と呼ばれるものを作成したりします。今回は短時間で作れる装具の作成を通して作業療法の一端を紹介します。タオル持参。
23≪作業療法士科≫ 
障害体験「片手が使えなくなったら」 
時間:45~90分
片手が使えないと、普段何気なくやっている動作(生活)にどう影響するか、体験を通して一緒に考えます。箸、靴下などをご準備ください。
24≪作業療法士科≫ 
利き手交換「書字」 
時間:45~90分
病気や怪我によって利き手が使えなくなってしまったときに“利き手交換”を行います。どのように行うのか実際に体験します。
25≪作業療法士科≫ 
自助具とは何か? 
時間:45~90分
“自助具”とは、日常生活で困難な動作を可能な限り自分自身で行えるように補助し、より快適に送るために工夫された道具です。実際に自助具を紹介し、使用方法を考えてみます。
26≪作業療法士科≫ 
リハビリテーションとは 
時間:45~90分
「リハビリテーション=機能訓練」ではなく、機能訓練はリハビリテーションの一部でしかありません。リハビリテーションの歴史や理念について説明します。
27≪作業療法士科≫ 
脳卒中のリハビリテーション 
時間:45~90分
脳卒中になるとどのような障害が出現するのか、その障害がどのように生活に影響を及ぼすのか、脳卒中患者に対してどのようなリハビリテーションを行 うのか説明します。
28≪作業療法士科≫ 
精神障害のリハビリテーション 
時間:45~90分
統合失調症、うつ病などの精神障害にみられる代表的な症状や生活上の障害、精神障害を抱える方へのリハビリテーションについて説明します。
29≪作業療法士科≫ 
デイケア・デイサービスでの
リハビリテーション 
時間:45~90分
デイケア・デイサービスで行われているリハビリテーションとは、病院でのリハビリテーションとどう違うのか説明します。
30≪作業療法士科≫ 
チーム医療について 
時間:45~90分
医療関係の専門家(医師、看護師、理学・作業療法士など)の簡単な役割と、その専門家がどのように連携して医療を進めているのか説明します。
31≪作業療法士科≫ 
介護保険と作業療法士の関わり 
時間:45~90分
介護保険制度について簡単に説明し、介護保険制度の中で作業療法士がどのようなことをしているのか説明します。
32≪介護福祉士科≫ 
介護施設での職場体験・
ボランティアを考えているみなさんへ
~介護準備講座~
(①+②、または①+③又は④45分-60分)
介護を必要する人の理解とボランティアに活かせそうな介護のポイントを学習します。動きやすい服装で参加してください。
①介護を必要とする人を知る
②コミュニケーション「身だしなみ、挨拶~安心して話せる雰囲気づくり」のポイント
③車いす外出介助の基本
④手のお風呂(手浴)
33≪介護福祉士科≫ 
やさしい介護技術体験 
時間:各45~60分
介護の基本とコツをプロが教えます。動きやすい服装で参加してください。*福祉コース、家庭介護など授業の一環として活用いただけます。
①コミュニケーション
②車椅子操作
③体位交換・ポジショニング
④移動・移乗など
⑤衣服の着脱介助
34≪介護福祉士科≫ 
介護福祉士の仕事って? 
プロの介護福祉士に話を聞いてみよう! 
時間:各45~60分
介護福祉士から仕事の内容ややりがいなどを聞くことにより、福祉・介護の仕事の意義や重要性を学びます。
35≪介護福祉士科≫ 
人が人を支えるとは? 
時間:各45~60分
福祉と人権の学習の一環として活用いただけます。認知症の人を知り、「その人らしく生きる」ことを考えます。
申込方法

お申し込みは先生からお願いいたします。以下の内容をお電話、E-mailもしくは下記申込書に記入の上FAXにてご連絡ください。
折り返し、ご担当の先生にご連絡、打ち合わせをさせていただきます。

  1. 高校名とご担当の先生のお名前
  2. 対象:●●年・▼▼部・運動部マネージャー達などお話しさせていただく方のグループ
  3. 人数:受講予定人数
  4. 日時:ご希望の曜日・時間、日にちなど
  5. 希望講座:講座番号と講座名
連絡先

YMCA 米子医療福祉専門学校 出張講義 係
〒683-0825 米子市錦海町 3-3-2

電話: (0859)35-3181
Fax: (0859)35-3182
E-mail: xxyonago@hiroshimaymca.org
費用について

講義費用、出張費用などは必要ありません。無料です。一部の講義で使う消耗品の実費のみお願いいたします。

縦割り学習

  • 「縦割り学習」の場を定期的に設けています。入学時の基礎的な学習内容や学外実習に出る際の心構えなど、先輩が後輩の不安や疑問を解消・解決。
    ほんの少し前まで自分と同じように悩んだ経験を持つ先輩だからこそ、先生とはまた違った角度からアドバイスをくれたり、いろいろな気持ちを分かち合えたり、「とても参考になる!」と好評。
    先生と学生だけでなく、学生同士で支え合う心強く温かい環境の中、安心して学ぶことができます。

クラス担任・副担任制度

  • 医療福祉関係職種は、知識に加え対人関係構築能力が求められます。
    そのため、対人関係能力を養うことが養成校の重要な役割と考えています。本校にはクラス担任・副担任がおり、学生へのよりきめ細やかな指導体制を整えています。
    クラス担任・副担任は、学校からのお知らせや、個別の修学指導、学習の相談や学生生活の中で抱える疑問や悩みの相談、就職の助言など、入学から卒業までのよりよい学生生活をサポートします。

スクールカウンセラー制度

  • 「友達にも担任の先生にもなかなか相談できないが、誰かに話を聞いてほしい」なんてことは、学生ならよくあることです。そんな悩みを抱え続ける必要はありません。
    本校ではスクールカウンセラーに相談することが出来ます。スクールカウンセラーは資格を有する臨床心理学の専門家です。カウンセラーに相談することにより、自分の考えや気持ち、問題点が整理され、元気が湧いてきます。
    心のサポートも学校の大切な役割と考えています。