作業療法士科:内閣府より海外青年が視察

作業療法士科:内閣府より海外青年が視察

投稿日:2017/02/23 お知らせ

 本校に海外青年が視察に来られました。
 ~内閣府地域コアリーダー招へいプログラム in YMCA米子~

 2月22日(水)に本校作業療法士科を中心に英国、フィンランド、ドイツの高齢者支援分野で活躍している海外青年13名が視察されました。
 これは、本校が内閣府の事業である地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」の海外青年受入訪問先になったためです。
 当日は、まず大床教務部長から学校概要説明があり、続いて作業療法士科教員の高梨先生が学校案内をしました。
 そして、作業療法士科の馬場科長から地域に根ざしたカリキュラムの紹介と学生代表として3年生から発表がありました。
 その後、「地域で活躍するために学生のうちから学んでおくべきこと」をテーマに海外青年と本校学生、教員がディスカッションをしました。
 海外青年とのディスカッションでは、少し緊張気味の学生でしたが会が終わるころには打ち解け、非常に有意義な国際交流となりました。
 今回、このように貴重な機会を設けて頂いた関係機関の皆様に心より感謝申し上げます。