よくあるご質問

よくあるご質問

Q.理学療法と作業療法の違いはなんですか?
理学療法では主に身体的な障害を有する人を対象にしていますが、作業療法では身体的な障害に加えて心の障害を有する人も対象にしています。また理学療法は電気や温水などの物理的刺激を応用した機器を取り扱うのに対して、作業療法は手工芸や日常動作などの作業活動を通じて治療を行い、自律(自立)的能力の回復を図ります。生活の視点が重要視されるため、福祉関係現場での活躍と老人の痴呆症状改善に期待が寄せられています。
Q.実習費用はどのくらい必要ですか?
本校では、自宅・帰省先から通えない施設で実習する場合、1泊につき3,300円(食費除く)を上限とする補助制度があります。この制度を利用すれば…
  • 理学・作業療法士科で、例えば、2年次に鳥取、3年次に広島、4年次に米子・松江の病院で実習した場合、交通費と宿泊費合わせて卒業までに約10万円程度。在学期間中最大約60万円の負担軽減になります。
  • 介護福祉士科で、例えば、鳥取県、島根県の施設で実習した場合、交通費と宿泊費合わせて1~2年次約3万円程度。
Q.すでに履修済みの科目は履修を免除してもらえますか?
高等教育機関の既卒者は、すでに履修したと認められる科目について、入学時に履修免除を申請できます。
高等教育機関の成績証明書、シラバスを提出してください。
学内の審査によって決定しますが、科目により認められない場合もあります。
Q.毎日の基本的なスケジュールを教えてください。
朝9時から90分単位の授業が1日に5限あり、5限目は17時50分に終了します。
基本的に月曜から金曜までの週5日制ですが、実習や集中講義、時間割の都合で土曜に授業が開かれる場合もあります。
Q.実習衣代や教科書代を教えてください。
学校指定の実習衣や実習靴などがあります。費用は3万~4万円程度です。
理学療法士科は4年間で約30万円、作業療法士科は4年間で約25万円、介護福祉士科は2年間で約8万円の教科書代が必要となります。