介護福祉士科

介護福祉士科 Care Worker

高齢者や障害者の生き方を尊重しながら安心な暮らしをサポートする専門家
介護福祉士は専門的な知識・技術で介護・援助を必要とする
人々を支える国家資格者です。
一人ひとりの個性や生き方を尊重しながら人間的な生活の場を共に築き、
生活の援助だけでなく、安心して暮らせる環境づくりにも携わります。
専門職である前に一人の人として、相手のために何ができるかを考え、
相手の心を感じ取り寄り添うことが大切です。
福祉施設に限らず医療の現場にも活躍の場が広がっています。

将来の進路

  • 介護老人福祉施設(特養)・
    介護老人保健施設(老健)
  • 在宅介護支援センター・
    デイサービスセンターなど
  • 身体障害者療護施設・障害児福祉施設など
  • 医療機関
  • リハビリテーションセンター
  • 行政機関

介護福祉士(CW)が必要とされる領域

  • 介護老人保健施設

    リハビリテーションを行い、家庭への復帰を目指す中間施設。介護福祉士は、利用者が自宅にいた頃の生活行為を取り戻し、その人らしく継続した生活を送ることができる様に日々の生活を支援します。

  • 在宅福祉分野

    訪問介護事業所やデイサービスセンターなど、自宅介護の援助を行う環境で、サポートチームの一員としてケアを行います。

  • 老人福祉施設

    特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホームなどの施設で生活をサポート。また近年医療面から援助を行う施設が増加する中、健康維持やリハビリ介助などでも活躍する場が整ってきました。

  • 医療機関

    病院などの医療現場では、入院している患者さんに付き添ってケアするケースが増えています。特に療養型病床群や回復期リハビリテーション病院では、入院されている患者さんに対して看護師と介護福祉士が中心となって生活を介助しています。

  • 障害者福祉分野

    心身に障害を持った人々が入所する障害者支援施設などで、生活全般をサポートします。

  • 各行政機関

    高齢化社会の真っただ中にある現在、核家族化による独居状態や寝たきりなど、介護を求める高齢者の数は非常に多いといわれていますが、高齢者に限らず心身の障害によって介護を必要とする人は少なくありません。このような状況を背景に生まれた公的介護保険により、介護福祉士へのニーズは高まり、介護・福祉などの施設はもちろん、市町村などの行政機関でも地域社会や環境づくりの面から介護福祉士のかかわりが求められています。

学科の特長

医療とリハビリテーションの基礎も学んで幅広く

介護保険施行以来、各施設で行う介護から在宅介護まで、幅広い場で介護福祉士が求められるようになっています。そこで、本科では、介護の現場で柔軟な対応のできる介護福祉士としての実力を身につけるために、基礎医学分野やリハビリテーション分野など本校ならではの授業も豊富に取り入れています。

  • ●医療的ケア

    介護保険法等一部改正法により、介護福祉士は医療職との連携のもとで、日常生活を営むために必要な支援である喀痰吸引等の「医療的ケア」が認められました。本学科では「医療的ケア」を、安全・適切に実施できるよう必要な知識・技術を修得します。

  • ●生活支援技術(聴覚)[手話]

    聴覚や音声言語の面で特異性をもつ人を支援する時、知っておくべきことは何か。この授業では手話を通じてコミュニケーションの本来的な意味を考えます。

  • ●生活支援技術(基本)[洗髪の介護]

    対象者の日常生活の中で培われてきた習慣を尊重します。入浴ができない場合でも、洗髪や足浴を組み合わせ、心身の状況に応じた支援を行うなど、幅広い支援方法を学びます。

  • ●介護過程Ⅱ

    一人の人をイメージし、必要な援助を考えて介護計画を立てます。計画に沿って実際に介護実習室で演習をするので、モデル役や介護者役がお互いの立場から気づきを得ます。さらに、プロジェクターを使ってプレゼンテーションを行い、第三者に状況を伝える力を養うことができます。

  • ●生活支援技術(基本)Ⅱ

    排泄の介護など基本的な生活支援技術を学びます。実習での経験と演習を結びつけることができ、生活支援の面白さが発見できます。後半は死にゆく人への介護を学びます。こころとからだの変化をとらえ、利用者の人生にどう寄り添うのか技術、姿勢を学びます。

  • ●食品衛生と調理

    献立の条件を踏まえて基本の調理ができることを目指します。また、かむ、のみ込む機能が低下した人の食事や、病態に応じた食事作りを学びます。

介護福祉士科 Care Worker

年間スケジュール

介護福祉士科 Care Worker

カリキュラム

  • 1年次

    一人の社会人として、介護福祉士として、
    人と向き合う上での基礎を学ぶ

    必修科目
    • 人間の尊厳と自立
    • 人間関係とコミュニケーション
    • 社会の理解A 生活と福祉
    • 社会の理解B 制度論
    • 発達と老化の理解Ⅰ
    • 発達と老化の理解Ⅱ
    • 人体の構造と機能Ⅰ
    • 人体の構造と機能Ⅱ
    • 介護に関連したこころとからだのしくみⅠ
    • 介護概論Ⅰ
    • 介護概論Ⅱ
    • 家政支援論
    • コミュニケーション技術Ⅰ
    • 生活支援技術(基本)Ⅰ
    • 生活支援技術(運動)
    • 食品衛生と調理
    • 被服実習
    • 介護過程Ⅰ
    • 介護総合演習Ⅰ
    • 見学実習Ⅰ老人・障害・在宅
    • 施設実習ⅠA
    • 医療的ケアⅠ
    選択科目
    • 保健体育
    • 情報科学
    • 福祉住環境コーディネーター
    選択必修
    • 学習基礎演習
    • 救急法
  • 2年次

    心身の状態に応じた生活支援を学び
    福祉のプロフェッショナルとしての能力を習得

    必修科目
    • 認知症疾患
    • 認知症の介護
    • 障害の理解Ⅰ(障害の心理)
    • 障害の理解Ⅱ(医学的側面)
    • 介護に関連したこころとからだのしくみⅡ
    • チームアプローチ演習
    • 地域福祉論
    • 介護管理
    • コミュニケーション技術Ⅱ
    • 生活支援技術(基本)Ⅱ
    • 生活支援技術(視覚・聴覚)
    • 生活支援技術(リハビリテーション)
    • 介護過程Ⅱ
    • 介護総合演習Ⅱ
    • 施設実習ⅠB
    • 施設実習Ⅱ
    • 医療的ケアⅡ
    • 医療的ケアⅢ
    選択必修
    • 介護福祉学セミナー

1年前期時間割例

 
19:00~10:30 介護概論Ⅰ   発達と老化の理解Ⅰ    
210:40~12:10 介護概論Ⅰ コミュニケーション技術Ⅰ 保健体育
(実技含む)
人体の構造と機能Ⅰ   
313:00~14:30 学習基礎演習   社会の理解A
生活と福祉
人間関係と
コミュニケーション
生活支援技術
(基本)Ⅰ
414:40~16:10 介護過程Ⅰ 介護総合演習Ⅰ 人間の尊厳と自立  
516:20~17:50   介護に関連した
こころとからだのしくみⅠ
    TH
(チュートリアルアワー)
 いわゆるホームルームです。学校からのお知らせや学生生活での注意事項などをお伝えします。また、この時間を使って、いろいろな科目の補習をしたり、職業に対する理解を深めます。

介護福祉士科 Care Worker

卒業生からのメッセージ

共に過ごせるかけがえのない時間を
大切に、感謝しながら過ごす毎日

大東 布学
勤務先/医療法人養和会
介護老人保健施設 仁風荘
介護福祉士科2009年卒業
鳥取県立米子工業高等学校出身

「ありがとう」「やっぱりあんたじゃないといけんわ」などの言葉をいただくと、この仕事が好きだと実感します。一緒に過ごせる時間はこの先短いかもしれない。今年は見ることができた桜も、来年は見られないかもしれない。だからこそ、1日1日を大切にしなければと思います。介護の仕事は重労働で大変と思われがちですが、決してそうではありません。お年寄りの方との関わりは本当に楽しく、学ぶことが多く、毎日充実しています。共に頑張りましょう。