学校法人広島YMCA学園 福山YMCA国際ビジネス専門学校

メニュー
Loading

電話番号084-926-2211 受付時間9:00~17:00

入学案内

現在のページは
ホームの下層の
入学案内の下層の
さまざまな支援制度です。

さまざまな支援制度

低学費設定とさまざまな支援制度で、学生生活をサポートしています。

YMCAは世界119の国と地域に広がる国際的な青少年育成団体です。
本校では、YMCAの理念に基づき、心、知性、体のバランスの取れた優秀な人材を育成することを目的とし、低学費設定とさまざまな支援制度により学費や在学中の諸経費の負担軽減を行っています。

YMCAの支援制度

低学費設定
  • 全ての学科、コースの年間学費は68万円です。
  • 在学中に必要な諸費用の負担軽減も行っています。
例えば
  • 全学科、コースとも、入学時や在学中に学校指定のノートパソコンやソフトを購入する必要はありません。学生は自習などで学校の最新施設をいつでも無料で利用することができます。また、ノートパソコンの無料貸出も行っています。
  • 学校指定の制服やスーツはありません。

※詳しくは、募集要項の「入学金・学費・諸費用について」をご覧ください。

学費の分割納入制度
  • 学費は1年次、2年次ともに分割して納入できます。
  • 希望の回数による分割納入も可能です。

一括納入、分割納入、いずれの納入方法でも納入額合計は同じです。

※詳しくは、募集要項の「入学金・学費・諸費用について」をご覧ください。

AO入試制度

評定平均は問いません。

【エントリー受付開始】 2017年6月12日(月)  【出願受付開始】 2017年10月2日(月)

志願者の皆さんのやる気や熱意を積極的に評価する入試制度として、AO(アドミッション・オフィス)入試制度を設けています。

YMCAの教育理念に共感し、医療・ビジネス・スポーツの分野で自分の将来に明確な夢を描き、自ら考え行動できる、意欲的で個性的な皆さんの出願を期待しています。

AO入試出願資格認定者全員に、本校スカラシップ(奨学生)チャレンジ資格が与えられます。

チャレンジ合格者は、奨学生として在学中(卒業まで毎年)、年間授業料から24万円・12万円・6万円のいずれかが免除となります。(返還義務なし)

出願資格
  • 2018年3月に高等学校を卒業見込の者、または既卒者
  • 本校での勉学を強く希望し、合格後は必ず入学する者(専願入試)
  • 2017年4月以降のオープンキャンパスに1回以上参加した者
  • 本校で学ぶ意志・意欲と目的が明確で、適性を満たす者
  • 担任または進路指導部の先生に、AO入試の出願について承認を得た者(既卒者は不要)

※詳しくは、募集要項の「AO入試」をご覧ください。

特待生入試制度

評定平均3.2以上など

【出願受付開始】 2017年10月2日(月)

医療・ビジネス・スポーツの分野における優秀な人材を育成することを目的とし、人物・成績共に優秀な入学希望者を対象に特待生入試制度を設けています。

合格者は、特待生として在学中(卒業まで毎年)、年間授業料の一部や入学金が免除となります。(返還義務なし)

免除額 特待生A 特待生B 特待生C
年間授業料半額(23万円) 年間授業料一部(20万円または10万円) 入学金(12万円または6万円)
出願資格
  • 2018年3月に高等学校を卒業見込の者
  • 本校での勉学を強く希望し、合格後は必ず入学する者(専願入試)
  • 2017年4月以降のオープンキャンパスに1回以上参加した者
  • 【医療秘書科・情報ビジネス科・情報ビジネス専攻科】
    高等学校調査書の評定平均値が3.2以上の者
    【社会体育科】
    高等学校調査書の評定平均値が3.2以上の者 または「保健」「体育」および「体育(選択)」の評定平均値が3.5以上の者
  • 本校専門教育の適格者として高等学校長が推薦する者

※詳しくは、募集要項の「特待生入試」をご覧ください。

働きながら学べる修習生制度

希望する学生は、授業終了後や休日に、キャンパス内の受付や、スポーツセンターで修習生として勤務(アルバイト)することができます。

修習手当が支給され、手当は授業料として支払いをすることもできます。

例1
1日4時間、週5日、年間40週勤務の場合
修習生手当850円(1時間)×4時間×5日×40週=680,000円(年間学費の全額に相当)
例2
1日4時間、週3日、年間40週勤務の場合
修習生手当850円(1時間)×4時間×3日×40週=408,000円(年間学費の6割に相当)
奨励金制度

入学後、学業やスポーツ、ボランティア活動などにおいて、優秀な成績または活動実績を収めた者に対し、専門分野における優秀な人材の育成支援、及び学内外におけるさまざまな活動への参加補助を目的として奨励金を給付しています。

学生全員に平等にチャンスが与えられ、毎年前期・後期終了後に、当該学期における成績や活動を審査の上、給付されます。(返還義務なし)

給付額 奨励金A 奨励金B 奨励金C 奨励金D
20万円 10万円 5万円 3万円
奨学金制度

入学後、不慮の事態によって学業の継続が困難になった者などに対し、学費負担を軽減するための奨学金制度を設けています。(返還義務なし)

給付額 奨学生A 奨学生B 奨学生C 奨学生D
年間授業料全額 年間授業料半額 20万円 10~5万円
研修補助制度

本校では、学生が、学校のカリキュラムや行事以外の、外部での研修やイベント、ボランティア活動などへ参加を申し出た場合、その参加費や宿泊費、交通費などの全額、または一部補助を積極的に行っています。

健康管理サポート制度

いつでもキャンパス内のスポーツ施設を無料で利用することができます。また、専門の指導者による各種レッスンや個別指導を無料で受けることができます。

在学中に、社会人としても必要とされる健康管理や体力づくりへの関心を高め、無理なく実践する習慣を身につけることができます。

その他、公的な制度など

日本学生支援機構奨学金制度

本校の学生は入学後、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金に申請することができます。

  第一種奨学金 第二種奨学金
貸与月額 自宅 自宅外 設置者・通学形態問わず 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円より希望する月額を選択
53,000円 60,000円 30,000円
利息 なし 利率固定方式・利率見直し方式いずれかを選択
※いずれの方式も利率は年3%が上限
第一種・第二種共通要項
貸与期間 採用時から在籍する学科の修業年限が終わるまで
申込資格 日本学生支援機構の審査基準を満たす者
申込時期 入学後に本校が実施する説明会に参加後、4月下旬に申込
選考方法 日本学生支援機構による書類審査
支給方法 本人名義の普通預金口座に振込
返済義務 あり
返済期間 卒業時から10年前後(貸与額により異なる)

※上記は2016年度現在の内容です。

※ご不明な点は本校学生課または独立行政法人日本学生支援機構(電話:0570-03-7240)までお問い合わせください。

交通遺児育英会奨学金制度

本校の学生は入学後、財団法人交通遺児育英会の奨学金を申請することができます。

貸与月額 4万円、5万円、6万円より希望する月額を選択
申込資格 交通遺児育英会の審査基準を満たす者
貸与期間 在籍する学科の修業年限が終わるまで
申込時期 本校在籍中

※詳細は公益財団法人交通遺児育英会(電話:0120-521286)までお問い合わせください。

日本政策金融公庫

本校への入学者または在学者は「国の教育ローン」(日本政策金融公庫)を利用することができます。
「国の教育ローン」は、教育のために必要な資金を融資する公的な制度で、融資額は学生一人につき350万円以内、返済期間は15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)で、返済の据え置き制度もあります。詳しくは、最寄りの日本政策金融公庫各支店または教育ローンコールセンター(電話:0570-008656)へお問い合わせください。
また、銀行やJAなどの金融機関による教育ローンもあります。詳しくは当該機関にお問い合わせください。