学校法人広島YMCA学園 福山YMCA国際ビジネス専門学校

メニュー
Loading

電話番号084-926-2211 受付時間9:00~17:00

学科紹介

現在のページは
ホームの下層の
学科紹介の下層の
社会体育科です。

社会体育科

キャンパス内のスポーツ施設、福祉施設と連携した実践中心のカリキュラムで即戦力の運動指導者を養成

スポーツが好き。が好き。笑顔が好き。
スポーツとともに生きたいから、私はこの道を選ぶ!
学校と実践の場が一体となった環境が魅力の、YMCAで学ぶ。

社会体育科のココがポイント

他にはない環境実践中心のカリキュラムにより、スイミング・エアロビックダンス・ウエイトトレーニングなどのインストラクター、福祉施設などでの介護予防や、リハビリのための運動指導者などをめざします。

YMCA正章

YMCAでは SPIRIT 思いやりがあって MIND 確かな知識・技術を持ち BODY 健康な体をそなえている

魅力あふれる人間性を備えた健康・体力づくりのスペシャリストを養成します。

低学費設定とさまざまな支援制度

低学費設定とさまざまな支援制度でスポーツの分野をめざす学生を支援し続けています。

低学費設定、学費の分割納入制度、AO入試制度、特待生入試制度、働きながら学べる修習生制度、奨励金制度、奨学金制度、研修補助制度、健康管理サポート制度など、さまざまな支援制度により、学費や諸経費の負担軽減を行っています。
詳細は「さまざまな支援制度」のページをご覧ください。

キャンパス内のスポーツ施設で学べる

キャンパス内のスポーツセンターで学べます。

外部施設での実習に加え、日常的にキャンパス内で営業するスポーツセンターで一人ひとりに合った実習ができます。授業で学んだことを実践する機会に恵まれ、プロの指導者からのアドバイスにより将来役立つさまざまな力を身につけることができます。

キャンパス内の福祉施設で学べる

キャンパス内の福祉施設で学べます。

外部施設での実習に加え、日常的にキャンパス内で営業するデイサービスセンターで一人ひとりに合った実習ができます。多くの人とたくさん交流する経験を通じ、「コミュニケーション能力」を養い、授業で学んだ知識や技術を、実際に「使いこなすことができる力」を身につけます。

豊富な指導経験

幅広い対象への「指導力」を養うことができます。

キャンパス内で営業するスポーツセンターの幼児・小学生対象のスイミングや体操、野外活動のプログラムに学生リーダーとして参加します。スポーツセンターやデイサービスセンターでの成人の指導経験に加え、子どもたちへの指導経験を得ることができ、将来幅広い対象に指導ができる経験を積むことができます。

幅広い授業

ビジネス実務やコンピュータも学べます。

将来の職場では、指導だけでなく、指導に関連する各種データの集計やイベントの案内、報告書の作成といったビジネス実務やコンピュータの知識、技術が必要となります。情報ビジネス科のコンピュータ専門講師の指導により、コンピュータが苦手な人や初めての人でも安心して基礎から学べ、ビジネスやコンピュータに関連するさまざまな資格を取得することができます。

働きながら学べる

働きながら学べるデュアル制度と修習生制度があります。

外部のスポーツ施設で働きながら学ぶ事ができます。また、授業終了後や休日に、キャンパス内のスポーツセンターや福祉施設で修習生として勤務(アルバイト)することができます。修習手当が支給され、手当は授業料として支払いをすることもできます。
デュアル制度の詳細は「フィットネスインストラクターデュアルコース」のページをご覧ください。
修習生制度の詳細は「さまざまな支援制度」のページをご覧ください。

国際性も身につける

将来役立つ国際性も身につけることができます。

多くの学校行事などは、日本語科の留学生と一緒に行います。同世代の留学生と日常的な交流を通して、国際性を自然に身につけることができます。就職先などで外国の方と接することがあっても臆することなく対応できるようにもなります。

魅力ある指導者になるための経験を支援

子どもを対象とした野外活動や指導者研修などに参加し、確かな知識と実践力を養います。

学生が学校のカリキュラムや行事以外の、外部での研修やイベント、ボランティア活動などへ参加を申し出た場合、その参加費や宿泊費、交通費などの全額、または一部補助を積極的に行い、指導者としての資質向上を支援しています。
詳細は「さまざまな支援制度」のページをご覧ください。

地域のイベントに積極的に参加

地域の健康促進イベントや生涯スポーツイベントなどに積極的に参加します。

地域に密着したイベントへの参加から、指導者としての資質を高めます。また、さまざまなスポーツを体験することでスポーツを多角的に考える力を養います。

社会体育科のまとめ

他にはない環境での実践中心のカリキュラムにより、フィットネスクラブやスイミングスクールでのスイミング・エアロビックダンス・ウエイトトレーニングのインストラクター、福祉施設、医療施設での介護予防やリハビリのための運動指導者などをめざします。

社会体育科のまとめ イメージ画像