学校法人広島YMCA学園 福山YMCA国際ビジネス専門学校

メニュー
Loading

電話番号084-926-2211 受付時間9:00~17:00

学科紹介

現在のページは
ホームの下層の
学科紹介の下層の
医療秘書科の下層の
実習・インターンシップです。

医療秘書科

実習・インターンシップ

病院や施設での職場実習とキャンパス内実習で実践的な力を身につけます。

キャンパス内にある福祉施設や総合受付でのキャンパス内実習、希望の病院や施設などでの職場実習(インターンシップ)など、1年生のうちから多くの実習機会があり、早い段階で将来の仕事の内容をよく知り、自分に足りない力に気づき、授業で学んだ知識や技術を「使いこなすことができる力」を身につけます。
職場実習先で評価され、就職に結びつくケースもたくさんあります。

三菱三原病院で職場実習

日々学び続けるという貴重な2週間でした

1年生の夏、キャンパス内で受付などの実習をしましたが、実際の病院で行なう職場実習(インターンシップ)の緊張感は思っていた以上でした。
院内のコンプライアンス基準に基づく個人情報や電子カルテの取り扱いなど、学内ではできない貴重な学びが数多く経験できました。
そうした2週間で自己課題もたくさん見つかりましたが、医療事務職に就きたいという気持ちは以前にも増して強まりました。
今後は発見した課題の克服に努め、職場実習の成果をより大きく実らせたいですね。

福田 華世さん(広島県立尾道商業高校出身)

介護老人保健施設「ふぁみりい」で職場実習

介護事務職の仕事を幅広く経験させていただきました

複雑な介護保険の請求事務を現場でどのように運用されているのか、それを勉強するため介護老人保健施設「ふぁみりい」で職場実習(インターンシップ)をさせていただきました。
その結果、介護保険の制度についてはもちろん、疾病や薬剤に関する知識の必要性を痛感しました。
また、医療や福祉の現場では“報告・連絡・相談”が何より大切であることを知り、とても貴重な2週間になりました。
さまざまな気づきを得た職場実習を今後の糧にし、これからも頑張って勉強し続けます。

加藤 麻里奈さん(広島県立福山葦陽高校出身)

水永リハビリテーション病院で行なったインターンシップでの頑張りが採用につながりました

授業で学んだことが生かせるか、医療事務職として働くために自分に不足しているのは何か、これらを見定めるのが職場実習(インターンシップ)の目標でした。
現場では実際にさまざまな仕事を経験させてもらい、とても有意義だったと同時に、学びを発揮する難しさを痛感しつつ頑張り抜きました。
そうした2週間を評価いただき、採用してくださったのが実習先の当院であり、医療事務職として充実した毎日を過ごしています。
そんな今あらためて、インターンシップの機会を与えてくれた職場の先輩たち、そして学校に感謝しています。

久留米 萌さん(銀河学院高校出身)