福山YMCA国際ビジネス専門学校

学校紹介

現在のページは
ホームの下層の
学校紹介の下層の
福山YMCAの特長です。

福山YMCAの特長

キャンパスまるごと、生きた社会。

年齢や国籍を問わず、多くの人がさまざまな目的で集う福山YMCA。
他にはない環境のキャンパスは「生きた社会」そのもの。
たくさんの人との出会い新しい体験を通して、高い専門性はもちろん、
将来役立つ社会性国際性も身につけませんか?

一人ひとりを大切に いのち輝く未来へ

本校の母体である広島YMCAは、2018年に創立80周年を迎えます。
全ての活動の基軸に「一人ひとりを大切に いのち輝く未来へ」というスローガンを据え、一人ひとりが夢を持ち、
また大切にされ、人が繋がり、家族が繋がり、地域が繋がり、世界と繋がる平和な社会の創造をめざします。

生き生きと学び、社会で必要とされる「生きるちから」が身につく学校。

福山YMCA国際ビジネス専門学校は1980年の開校以来、数多くの優秀な人材を広島・岡山を中心に輩出してきました。
国際的な青少年育成団体であるYMCAの理念に基づき、専門知識や技術の習得のみならず、社会人として最も大切な「こころ」を身につけられるよう、「一人ひとりを大切にした教育」を実践しています。生き生きと学び、知らず知らずに社会で必要とされる「生きるちから」が身につく、それが本校の特徴です。他にはない環境でのさまざまな経験を通して、自分が選んだ道をしっかりと歩み、社会で必要とされる「オンリーワン」の存在となってください。教職員一同、全力で応援します。

YMCA正章

YMCAでは SPIRIT 思いやりがあって MIND 確かな知識・技術を持ち BODY 健康な体をそなえている

病院や施設、企業などが求めるバランスのとれた人材を育てています。

医療秘書科、情報ビジネス科、社会体育科が職業実践専門課程に認定されました。

  • 「職業実践専門課程」とは専修学校の専門課程で職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的に、専攻分野での実務に関する知識、技術、技能について組織的な教育を行うよう、文部科学大臣が認定して奨励することで、専修学校専門課程の教育水準を維持・向上させる制度です。
  • その認定には専攻分野に関する企業、団体等との連携体制を確保して授業科目の開設その他の教育課程の編成を行うこと、企業等と連携して実習または演習の授業を行うことなど、文部科学大臣が定める要件すべてを充たす必要があります。
  • 本校では2016年2月に3学科が認定され、今後も引き続き社会に貢献する人材育成を目標に、文部科学大臣認定「職業実践専門課程」設置校にふさわしい教育内容の充実を図っていきます。

就職に強い!!学びやすい!!福山YMCA国際ビジネス専門学校10の特色

医療秘書、情報ビジネス、社会体育、3分野それぞれの教育により、専門的な知識と技術をもつ人材を育む福山YMCA国際ビジネス専門学校。
地域に根ざした就職の強さ、低学費を軸とする学びやすさ、それらを裏づける「10の特色」を知ることで、あなたもスペシャリストとして社会に飛び立つ春に向かって、ここで自分を伸ばすことを決めましょう。

01 文部科学省が人材育成の確かさを認める
「職業実践専門課程」を設置

「職業実践専門課程」とは専修学校の専門課程で職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的に、専攻分野での実務に関する知識、技術、技能について組織的な教育を行うよう、文部科学大臣が認定して奨励することで、専修学校専門課程の教育水準を維持・向上させる制度です。
その認定には専攻分野に関する企業、団体等との連携体制を確保して授業科目の開設その他の教育課程の編成を行うこと、企業等と連携して実習または演習の授業を行うことなど、文部科学大臣が定める要件すべてを充たす必要があります。
本校では2016年2月に医療秘書科、情報ビジネス科、社会体育科の3学科が認定されました。
こうした「職業実践専門課程」は企業・事業所からの信頼も厚く、福山YMCA国際ビジネス専門学校が“就職に強い”理由のひとつになっています。

02 就学への経済的な問題をクリアする
「低学費」への安心感

世界最大のNGOであり、国際的な青少年育成団体である「YMCA」の理念に基づく本校は、誰もが安心して学べる「低学費」を特色のひとつとしています。
それは年間に必要な費用が約84万円(※)に抑えられていること、初年度のみ徴収する入学金が12万円であること、学校指定のノートパソコン・制服・スーツなどを購入する必要がないこと、これらが示しています。
しかも学費68万円は2回の分納も可能になっており、誰もが就学への経済的な問題をクリアし、安心して学べるのも本校ならではの魅力と言えるでしょう。
※詳しくは、「募集要項」をご覧ください。

03 福山YMCAで働きながら学ぶ
「修習生」としての自己成長

入学後、希望する学生は授業終了後や休日に、福山YMCAのスポーツセンターや受付などで「修習生」として働くこと(アルバイト)ができます。
そのメリットは数多く、年間の学費相当の収入が得られることはもちろん、接遇やフィットネス指導、パソコン実務などの“実習”を日々繰り返すことによる実践力の高まりも大いに期待できます。

スケジュール(在学中の例)

04 地域社会とつながって自分を伸ばす
「ボランティア活動」の機会が豊富

世界的な奉仕団体「YMCA」に連なる福山YMCAは年間を通じ、国内外の各地で「ボランティア活動」を行っています。
そうした活動に加わることはもちろん、福山YMCAが実施するさまざまなプログラムにボランティア・スタッフとして参加する機会も少なくありません。
これらには地域の方々と交わり、実社会を勉強させてもらうというメリットもあり、学生たちは奉仕の精神を養いながら自分を伸ばす場としています。

05 学生それぞれの希望を叶える
「就職サポート」が手厚く綿密

本校では学生それぞれが抱く希望を叶えるため、履歴書の書き方から面接対策まで、個別指導による手厚く綿密な就職サポートを行っています。
また、1980年の開校以来、確かな実務能力や社会人基礎力を備えた“スペシャリスト”を育んできた本校に寄せられる求人数は常に学生数をこえており、この地域での就職実績も群を抜いています。

06 採用と現場での活躍に結びつく
「資格」が数多く取得可能

多くの企業や医療機関、事業所が採用の決め手とし、現場での活躍に結びつく「資格」。
本校では医療系や秘書系からビジネス系、情報(IT)系やスポーツ系まで、各コースが専門性の枠をこえ、さまざまな資格が数多く取得できるようになっており、各種検定試験の合格に向けたサポートも万全です。

◆合格をめざす検定試験(例)
  • 医療系/診療報酬請求事務能力認定試験
  • ビジネス系/秘書技能検定試験
  • 情報(IT)系/日商PC検定試験
  • スポーツ系/健康運動実践指導者
◆所定の科目履修により取得できる資格(例)
  • 医療系/歯科助手

07 情報技術(IT)の進化にあわせた
「最新バージョン」での実習

情報技術(IT)は日々進化しています。
それを前提に本校では、医療系の電子カルテや情報系のソフトウェアをはじめ、常に“最新”バージョンを使って実習します。
そのため実社会の現場でも戸惑うことなく、即戦力としての活躍がめざせます。

08 実務能力を飛躍的に高める
「インターンシップ」の充実

本校では実務能力の飛躍的な向上をめざし、福山YMCAの各部署・部門はもちろん、希望する事業所での職場実習「インターンシップ」に取り組めるようになっています。
また、職場で発揮したスキルが認められ、採用に結びつくケースも多く、インターンシップの充実も本校の“強み”に加わります。

09 スキルや人間性の幅を広げる
「特別セミナー」を開講

本校では各コースの専門的な授業に加え、各業界のスペシャリストを講師に招く「特別セミナー」を開講しています。
また、フラワーアレンジメントや華道、英会話などの選択授業も数多くあり、学生たちはスキルや人間性の幅を広げています。

10 国際性や語学力を養う
「留学生」との交流

福山YMCAには日本語が学べる外語学院があり、本校では多くの学校行事を留学生たちと一緒に行います。
そうした交流を通じ、国際性や語学力、異文化理解力が養えるのも本校の大きな特色のひとつです。