YMCA

専攻紹介

現在のページは
ホームの下層の
専攻紹介の下層の
基礎科 です。

基礎科

「デッサン力」は基礎科でつけておきましょう。
基礎科は各専攻に進む前の重要な科です。

基礎科は受験準備を主としています。一番最初にやる事は木炭で石膏像をデッサンすることです。木炭という素材は馴染みがないと思います。鉛筆じゃダメなの・・・という人もいます。しかし、あえて木炭なのです。今まで慣れ親しんできた素材はどうしても癖がでてしまい、デッサンが上達する邪魔になってしまいます。重要な事は一からデッサンを勉強するという姿勢です。カリキュラムは石膏デッサン、静物デッサン、自画像デッサン。月日が経ち専攻が決まれば、油画、日本画、彫刻、デザイン工芸、それぞれの課題に取り組みます。高2生は月~水の3日間、高1生は土曜日1日がお勧めです。

授業内容

受験基礎科 月~水曜日 18時~20時30分
土曜基礎科 土 14時~20時30分

学習内容

石膏デッサン(木炭・鉛筆)

正確に形を捉えること、立体感、空間感をだすことを目指します。専攻に関わらず最初は木炭デッサンから始めます。

静物着彩(油絵・アクリル)

専攻が決まった人(油画の人は油絵、デザインの人はアクリル)はそれぞれの画材で基本的なモチーフを着彩します。

静物デッサン(木炭・鉛筆)

果物、野菜、工業製品を組み合わせた静物を描きます。正確に形を捉える力と大きな空間感をやしないます。

自画像着彩 (油絵・アクリル)

写実的に自分の顔を描くことに加えイメージを形にする力を養います。

自画像デッサン (木炭・鉛筆)

石膏デッサン、静物デッサンで学んだ知識やテクニックを応用して自画像を描きます。

平面構成 卓上着彩(アクリル)

デザイン専攻の課題です。色彩感覚、構成力を養います。

年間スケジュール

    夜間部
4月
  • 春期造形講習会※無料
4月
  • 入学オリエンテーション
  • 1学期授業開始
5月
  • 第一回三者面談
6月
  • デッサンコンクール(広島YMCA)
7月
  • 1学期終了
  • 夏期造形講習会(前期)※別途料金
8月
  • 夏期造形講習会(本コース・後期)※別途料金
  • 大学説明会(広島まで貸切バスでいきます。)
9月
  • 2学期授業開始
10月
  • 第2回三者面談
  • 専門実技コンクール(広島YMCA)
11月
  • 推薦入試対策期間
12月
  • 2学期授業終了
  • 冬期造形講習会※別途料金
1月
  • 3学期授業開始
2月
  • 専攻別課題
3月
  • 3学期終了